ご注文前の採寸方法




窓枠採寸方法のご紹介

ブラインドを取り付けると言っても、窓の設置状況はお家によって様々です。 そこで、このコーナーでは、窓枠の内側に取り付ける方法(天付け)、 窓の外枠に取り付ける方法(正面付け)、壁に取り付ける方法(正面付け)の3種類の取付方を前提に採寸方法を解説いたします。 お客様のお家の窓に合った取付方法をご選択ください。


窓枠の内側に取付け(天付け)


窓枠の内側に取付け(天付け)

窓枠の中に収める取付け方法です。部屋の内側に製品がはみ出してくるのが気になる場合、 窓枠の奥行が確保できるときには、最適な取付方法です。 まず、ウッドブラインドの取付け金具が収まるかどうか確認するために、窓枠の奥行きを測定します。この時、

35mmスラットを検討の場合: 5cm以上

50mmスラットを検討の場合: 7cm以上

の奥行きがあることをご確認ください。
不足している場合は、ウッドブラインドが窓枠よりはみ出た状態となりますのでご注意ください。
※バランスも窓枠の中に収める場合は、奥行に+1cmの余裕が必要となります。

次に、窓枠の内側の高さと幅を測定しましょう。
この寸法がウッドブラインドのサイズを決める基準となります。

幅の目安: 測定値から取付け金具の幅(1枚あたり1〜2cm)を引いた幅になります。

高さの目安: 見た目の好みで測定値より短め、または長めをお選びください。


窓の外枠に取付け(正面付け)


窓の外枠に取付け(正面付け)

窓枠にウッドブラインドを取付け、窓枠の存在を消す方法です。 この取付方法で注意が必要な点は、窓枠の厚み(幅)です。 窓枠に直接ウッドブラインドの取付け金具をねじ止めしますので、 ある程度の厚みがないと、窓枠に割れ等が発生する可能性があります。 下穴をあける、添え木をして補強する、ネジを交換するなど、 窓枠の厚みや素材に応じた取付け方法の変更を考慮する必要があります。参考として、

35mmスラットを検討の場合: 3.5cm以上

50mmスラットを検討の場合: 2.5cm以上

の、厚みがあれば比較的簡単に取り付け可能です。
なお、取付け金具の寸法等はブラインド製品仕様を参照してください。
次に、窓枠全体の高さと幅を測定しましょう。
この寸法がウッドブラインドのサイズを決める基準となります。

幅の目安: 測定値から取付け金具の幅(1枚あたり1〜2cm)を引いた幅になります。

高さの目安: 見た目の好みで測定値より短め、または長めをお選びください。


壁に取付け(正面付け)


壁に取付け(正面付け)

窓枠を覆うように窓枠の上にウッドブラインドを取付ける方法です。 ここで紹介する取付け方の中でもっとも窓の存在を消すことができる取付け方法となります。 ただし、取付ける場所が壁ですので壁側に十分な強度があることが条件となります。 また、窓枠の突出し量が1cmを超える場合には、壁と取付け金具との間にスペーサが必要となります。 取付け金具と同じ大きさの木片等を、別途ご用意ください。 (ホームセンター等の端物コーナーで木片が格安でお買い求めできるかと思います。) 窓枠全体の高さと幅がウッドブラインドのサイズを決める基準となります。

幅の目安: 測定値 +お好み(左右のはみ出し・余裕分)

高さの目安: 高さ1(窓枠全体の高さ)+高さ2(取付け金具の高さ)5cm+お好み(上下の余裕分)


木製ブラインド製品仕様


ブラインド製品仕様

各パーツの寸法や35mmと50mmスラットのサイズによる仕様の違いなど、製品仕様をご紹介します。 ブラインドを取り付けるにあたって、採寸の目安にお役立て下さい。 詳しくは木製ブラインド製品仕様をご覧ください。


採寸に関する注意事項


木製ブラインドの特性上、製品自体に重量があります。 その為、面積が2岼幣紊箸覆訐宿覆蓮頻繁に昇降する必要のある場所への設置はお勧めいたしません。 その際は、2枚以上に分割してご購入されることをお勧めいたします。 また、窓枠の種類や建築年数の経過によって、ゆがみが生じていたり、採寸が難しい場合などが有りますが、 このページにおいてご紹介させていただいた採寸方法は目安であり、 ここで求める幅・高さでご注文していただいた場合でも、 サイズ違い・取付け不可等の理由での返品は出来ませんので、ご注意ください。

ブラインドのご購入にあたって、採寸・取付に関する質問がございましたら、 お気軽にデザインスタジオへお問い合わせください。 専門の担当者がお客様のご質問にお答えさせていただきます。